法律相談所 たいとう

事務所・弁護士紹介

事務所紹介

私たちについて

私たちについて

皆様と対等な関係で寄り添う法律事務所

法律事務所たいとうは、台東区上野で活動していた弁護士が中心となって、2014年5月に設立しました。
事務所名の「たいとう」には、東京都「台東区」の発展・「台東区」周辺に住む市民の皆様に貢献したいという目的と、事務所を訪れる皆様に「対等」な関係で寄り添っていきたいという思いを込めています。

たいとうの理念

たいとうの理念

「あなたの毎日に、安心・自信・自由を」

かけがえのない、あなたの人生の中で、法律事務所を訪れることは決して楽しい出来事ではないでしょう。むしろ、人生の危機に直面し、不安な気持ちを抱え、自分のこれまでの歩みに自信が持てなくなり、これから進むべき道が見えずに立ち止まっているかもしれません。
私たちは、「たいとう」と縁あって出会った皆様が、「寄り添ってくれる人がいる」と感じることができ(安心)、「私は私のままでいいんだ」と自信を取り戻し(自信)、進むべき道を自分の力で選ぶことができる(自由)ようにサポートします。

たいとうがめざすもの

安心を届けます。

不安な気持ち、私たちに聴かせてください。これからまた安心して過ごせるようになる日まで、私たちが一緒です。
私たちは、安心を「カタチ」にして届けます。

自信を取り戻します。

どんな状況であっても、解決への道を拓く鍵は、あなたの中に必ずあります。私たちは、あなたの思いを道しるべにして、あなたと1つのチームとなって前進します。

選ぶのは、あなた自身です。

悩み事・相談事の「解決の形」はたくさんあります。私たちは、あなたが、自分の思いにぴったりな「解決」を見つけられるように、弁護士として知識と知恵をしぼって、1つでも多くの選択肢を探して、提案します。

司法と福祉の接点を目指します。

ハンディを抱えて生きる人たちが、地域での自分らしい生活を過ごすために、福祉と医療、そして、法律家の連携が求められています。「たいとう」は、福祉に携わる団体・専門家を法的に支援し、ともに高齢者・障がい者・子どもたちなど、サポートを求める人たちの地域での暮らしを支えます。

弁護士紹介

6名の弁護士が解決に向けて

清水 洋

弁護士

清水 洋

北区、台東区の地域を中心として、住民自治の実現と市民の生活権を守るため、司法と住民をつなぐパイプ役の法律事務所を担ってきました。法律という両刃の武器を誰の足元を照らす「提灯」として使うのか、弁護士人生を通じて常に考え実践してきました。
今は、報恩感謝の心で、これまで支えてきてくれた方々に対し役に立つ限り、弁護士活動を続けます。

詳しく見る
[略 歴]
  • 1972年3月

    中央大学法学部卒

  • 1974年10月

    司法試験合格(29期)

  • 1977年4月

    東京弁護士会登録

  • 1985年6月

    台東区上野に清水法律事務所設立
    (後に、台東協同法律事務所に改称)

[主な弁護団活動]
  • 少年冤罪草加事件・18年かけて最高裁で
    逆転「無罪」確定

    1985~2003年

  • 消費者の金融詐欺・集団調停事件
    (日綜リース・ティピーシー)

    1988~1992年

  • 中国「残留孤児」国家賠償訴訟と新支援策の実現

    2002~2008年

  • 「1台当たり1億円」の上野地下駐車場外部事務
    監査の実現

    2006~2007年

  • サッカー少年落雷事件の差戻審完全勝訴と被害者
    の自立支援

    2006~2008年

  • 取込み詐欺の被害者と弁護団による集団刑事告訴・
    損害賠償請求

    2013~2019年

清水 洋
清水 洋
佐藤 香代

弁護士

佐藤 香代

「弁護士として、私が最も大切にしていることは、「その人(その組織)らしい解決」を目指すことです。
そのためには、単に法律の知識を駆使するだけではなく、生活の中での価値観や法律問題以外の困りごと、気持ちの面でのこだわりなど、知っておいた方がよいことはたくさんあります。また、解決方法を1つでも多く、そして、その特徴やメリット・デメリットを丁寧に説明する中で、ご当事者の本当の願いが見えてくることもあります。
弁護士がしっかりと当事者の思いを受け止め、再構成して外部に代弁しながら、納得できる解決にたどり着く、その過程を通じて、当事者のエンパワーメントが実現されると信じています。

詳しく見る

日本社会事業大学 福祉マネジメント修士(専門職)
中央大学 非常勤講師
産業カウンセラー

[略 歴]
  • 2002年11月

    司法試験、合格

  • 2004年10月

    弁護士登録(東京弁護士会所属)
    台東協同法律事務所に入所

  • 2008年9月

    高知サッカー少年落雷被害損害賠償請求事件(学校災害)差戻審完全勝訴

  • 2012年4月

    日本社会事業大学専門職大学院入学

  • 2012年11月

    台東区子ども家庭支援センター スーパーバイザー(~現在)

  • 2014年3月

    日本社会事業大学 福祉マネジメント修士(専門職)修了

  • 2014年4月

    東京都子どもの権利擁護専門委員

  • 2015年4月

    日本社会事業大学 非常勤講師(民法)

  • 2019年4月

    荒川区スクールロイヤー 就任(~現在)

  • 2019年4月

    日本社会事業大学 専門職大学院 非常勤講師(司法福祉)

  • 2020年6月

    株式会社アドバンスト・メディア 社外監査役(~
    現在)

  • 2021年12月

    株式会社ノエビアホールディングス 社外監査役(~
    現在)

  • 2022年3月

    株式会社アイ・エス・ビー 社外取締役(監査等委員)(~現在)

  • 2023年4月

    中央大学文学部 非常勤講師(関係行政論)に就任
    (~現在)

  • 東京弁護士会子どもの人権委員会委員
  • 子どもたちと弁護士で作るお芝居「もがれた翼」参加
  • 台東区法曹会 副幹事長
  • お金から見る福祉マネジメント研究会 呼びかけ人
  • 社会福祉法人・企業の顧問、理事等役員を多数歴任
[主な著作]
  • 「Q&A 子どもをめぐる法律相談」
    (新日本法規)共著
  • 「Q&A 子どものいじめ対策マニュアル」
    (明石書店)共著
  • 「Q&A 学校事故対策マニュアル」
    (明石書店)共著
  • 「弁護士と精神科医が答える 学校トラブル解決Q&A」(子どもの未来社)共著・編集委員)
佐藤 香代
佐藤 香代
生駒 真菜

弁護士

生駒 真菜

トラブルをきっかけに、今後の人生がよりよいものになるようにしたい。年齢を重ねても、しょうがいがあっても、住み慣れた町で人生を楽しんでほしい。そんな思いで、依頼者の方と向き合っています。
トラブル解決の方法は裁判には限りません。どのような解決方法が、それぞれの方に適しているか、じっくりお話を聞きながらご提案をしています。
豊かな老後をサポートするための「ホームロイヤー契約」や、そもそもトラブルが起きないように「予防」にも力を入れたいと思っていますので、お困りごとや、気になることなどありましたら、お気軽にご相談ください。
2016年3月、認知症サポーター養成講座の講師資格「キャラバンメイト」を取得しました。認知症サポーター養成活動にも積極的にとりくんでいきます。

詳しく見る
[略 歴]
  • 2006年3月

    立教大学法学部卒

  • 2008年3月

    立教大学大学院法務研究科修了
    (法務博士)

  • 2008年9月

    新司法試験合格(新62期)

  • 2009年12月

    東京弁護士会登録
    台東協同法律事務所に入所

  • 高齢者・しょうがい者問題に取り組む
  • 東京弁護士会 高齢者・障害者の権利に関する特別委員会委員
    (2018~副委員長)
  • 台東区社会福祉協議会 成年後見制度推進運営委員会委員
    (2018~委員長)
  • 台東区社会福祉協議会 福祉サービス苦情解決にかかる第三者委員会委員(2019~)
  • 東京都 高齢者虐待対応専門相談員(2024~)
  • 荒川区 高齢者虐待対応専門相談員(2024~)
  • 中野区 地域包括支援センター法務支援相談員(2020~2023)
  • 東京都 障害者介護給付費等不服審査委員会委員(2013~2018)
  • 各自治体の権利擁護に関する専門会議の委員等
  • 社会福祉法人の評議員等
  • 認知症サポーター養成「キャラバンメイト」
[主な著作]
  • 各自治体における市民後見人養成研修、市民後見人懇親会等、成年後見申立講座等、成年後見に関する研修会の講師
生駒 真菜
生駒 真菜
吉川 由里

弁護士

吉川 由里

大学生のとき、身近な人が法的トラブルに巻き込まれたことがきっかけで、「困っている人の力になりたい」という思いから弁護士を志しました。
都内の一般の法律事務所、都市型公設事務所を経て、法律事務所たいとうの一員になりましたが、さまざまな出会いを経て、今では、プロフェッショナルであるというプライドと、人間としてのご当事者とのかかわりを大切にしたいと考えています。
個人の方でも、法人の方でも、いっしょに事件を乗り越える過程で、だんだん表情が明るくなっていくのを見ることができると、うれしくなります。
一人でも多くの方に笑顔になっていただけるよう、尽力してまいります。

詳しく見る
[略 歴]
  • 2000年3月

    東京都立大泉高等学校卒

  • 2004年3月

    上智大学法学部地球環境法学科卒

  • 2008年3月

    明治学院大学大学院法務職研究科修了(法務博士)

  • 2008年9月

    新司法試験合格(新62期)

  • 2010年1月

    東京弁護士会登録

  • 2016年5月

    法律事務所たいとう入所

  • 東京弁護士会子どもの人権と少年法に関する特別委員会委員
  • 社会福祉法人カリヨン子どもセンター理事
  • 東京都児童相談所非常勤弁護士
  • 台東区子ども家庭支援センタースーパーバイザー
  • 北区要保護児童対策地域協議会構成員
  • 公益財団法人日本ユニセフ協会「子どもにやさしいまちづくり事業(CFCI)委員会」委員
  • 児童福祉司、里親、子ども若者の施設職員向け研修講師
[主な著作]
  • 「弁護士のための初めてのリーガル・ソーシャルワーク」(現代人文社)共著
  • 「『連携』が切り拓く権利擁護―あたらしい弁護士のはなし―」(編集代表 京藤哲久・神田安積『変動する社会と格闘する判例・法の動き(渡辺咲子先生古稀記念)』信山社)
吉川 由里
吉川 由里
上柳 和貴

弁護士

上柳 和貴

「弁護士は、社会的に弱い立場に立たされている人の味方となれる、とてもやりがいのある仕事だよ。」
この言葉は、私が高校生の頃、地元の弁護士の先生から教えていただいた言葉で、感銘を受けた言葉です。私は、地元の先生のように、弁護士として、社会的に弱い立場に立たされている方の味方となりたいと思うようになりました。
私は、大学生の頃、児童養護施設訪問を行い、複雑な家庭環境を持つ子どもと交流しました。また、首から下を動かすことができない障がいのある方のご自宅で介助をさせていただく在宅介助を行いました。さらに、司法修習生の頃、社会福祉協議会の研修に参加させていただき、社会福祉協議会の方や、地域の方との交流をさせていただきました。
私は、様々な方との交流を通して、継続的な福祉的支援の重要性を学びました。例えば、障がいを負った後も、その方には、長い人生があります。そのため、一時のサポートのみでは、その方にとって、真の意味での問題の解消にはならないことを痛感しました。
弁護士として、問題の解消に努める際に、その後の生活のことを見据えて、真の意味での問題の解消に努めていきたいと考えております。
様々な方との交流の中で、「弁護士にこんなこと相談していいのかな?という不安もある」との声もよく伺いました。私は、皆様の不安な気持ちに寄り添っていきたいと考えております。ぜひ、ご不安なことがございましたら、ご相談ください。

詳しく見る
[略 歴]
  • 2010年3月

    長野県飯田高等学校卒

  • 2014年3月

    中央大学法学部法律学科卒

  • 2016年3月

    中央大学法科大学院修了(法務博士)

  • 2016年9月

    司法試験合格(第70期)

  • 2017年12月

    東京弁護士会登録

  • 2018年1月

    法律事務所たいとう入所

  • 東京投資被害弁護士研究会(2018~)
  • 東京弁護士会消費者問題特別委員会(2019~)
  • 同委員会・高齢消費者障がい消費者被害部会(2020~ 部会長)
[主な著作]
  • 『消費者相談マニュアル』〔第4版〕
    (商事法務、2019年) 共著
吉川 由里
吉川 由里
植田 千穂

弁護士

植田 千穂

私は、発達障害をもつ弟の影響から、たとえ自らがもっとも弱い存在であったとしても、居場所があると思えるような環境を望むようになりました。居場所とは、どんなに情けなさや悔しさを感じるような状況にあっても、周りから真摯で温かい交流や助けを得られるという確信をもつことから感じられるものと考えています。皆様が、より安心・自信・自由に過ごせるよう行動を起こすとき、法的解決のお手伝いをしながら、その過程自体を支え伴走できるような弁護士となるべく、日々研鑽しています。
私は学生時代、放課後等デイサービス事業所でアルバイトをしていました。たとえば障害のある子どもが、家庭、学校、福祉施設等多様なコミュニティの中で生活していく以上、本人に加え、事業者を含む多くの関係者を包摂して支援していくことが、属人的でない好環境を作っていくことにつながると考えています。福祉的支援の場に限らず、弁護士が必要とされる多くの場では、人や組織が互いに働きかけあい、時間の流れの中で作られてきた関係性があり、1つの視点だけでは問題の全体像が見えてこないこともあると思います。将来の関係性や、気持ちの面も踏まえながら、皆様を取り巻く状況が少しでもよくなるように、精一杯取り組んでまいります。

詳しく見る
[略 歴]
  • 2020年3月

    東京大学法学部卒

  • 2021年1月

    司法試験合格(74期)

  • 2022年4月

    弁護士登録(第一東京弁護士会所属)

  • 2023年8月

    法律事務所たいとう入所

  • 第一東京弁護士会子ども法委員会委員
植田 千穂
植田 千穂